Brexit(ブレグジット)の復習2、始まりを知り全てを知ろう。メイ首相は何をしようとしたのか

2016年7月

EU残留を訴えたキャメロン首相が辞任、新しく就任したメイ首相は、残留派と離脱派で分断された与党・保守党内の融和を図り、閣僚に残留派数名とジョンソン外相(現首相)など多くの離脱派を起用しました。すぐに離脱の手続きを始めたわけではなく、まずは経済への影響を最小限に抑えた上で離脱する方法を取ろうとしましたが離脱派からはわざと離脱手続きを遅らせていると非難されました。

2017年1月

メイ首相がEUの単一市場と関税同盟からの離脱の意向を示しました。移民規制を優先する方針(ハード・ブレグジット)を明らかにしました。

2017年3月29日

EUへ正式に離脱を通知し、2年を期限とする離脱交渉が始まりました。

2017年6月

メイ首相は突然総選挙を断行。離脱交渉を進めるにあたり、政権基盤を強化する為でした。しかし思惑とは裏腹に与党・保守党は過半数を割り込みました。北アイルランドの地域政党の閣外協力を得てかろうじて政権を維持する結果となりました。

総選挙後

本格化した離脱交渉で最も難航したのが、陸続きであるイギリスの一部である北アイルランドとEU加盟国のアイルランド共和国との国境管理の問題でした。英国もEUも、これまで通り人やモノの往来の自由を守ることでは一致。しかし具体策について、意見の隔たりが埋まる事はありませんでした。

*Chats

タイトルとURLをコピーしました