ブレグジットの最新動向!EUイギリスの離脱延期を認めるか

NEWS

英国の離脱期限延期の可否について、EU(ヨーロッパ連合)は週明け頃発表があると欧州各メディアは報じています。離脱期限は今月末に迫っており、この判断は非常に重要なものになります。

比較的長い延期が認められれば英国では総選挙が実施される可能性もありEUの判断が注目されます。

英国ではEUからの離脱に必要な関連法案の審議日程案が議会で否決され、審議が中断しています。その為合意なき離脱を避けるには、今月末の離脱期限を延期するしかありません。

英ジョンソン首相は延期を要請していますが、EU各国の全会一致の承認が必要で25日、各国は大使級会合を開いて対応を協議しました。

現地の反応

EU高官によると、各国は延期を認めることや臨時の首脳会議は開かずに書面による略式の手続きで各国の意向を確認する方針で一致したということです。

ただ、延期の期間については引き続き協議が必要だとして週明けの28日か29日に結論を出す見通しだとしています。

ジョンソン首相は、

「3か月の延期が認められた場合には前倒しの総選挙を12月に実施したい」

と示し、議会が賛成すれば実施される可能性があります。

今後の展開


比較的短い延期しか認められなかった場合には、議会は離脱に必要な法案の審議を速やかに再開することが考えられます。EUがどの程度の期間、延期を認めるのかが重要なポイントだと断言できます。

*Chats

タイトルとURLをコピーしました