フランス、ドイツ両首脳「イギリスのEU離脱についてはノーコメントで」

今月末に迫る英国のEU(ヨーロッパ連合)からの離脱期限を前に、フランスとドイツは13日、首脳会談を行い、離脱の条件でイギリスと合意することが可能かどうか協議を行いました。

仏マクロン大統領は13日、首都パリの大統領府に独メルケル首相を招き首脳会談を行いました。

今月末の期限どおりに離脱することを目指す英ジョンソン首相は、今月17日から開かれるEU首脳会議までに離脱の条件でEUと合意する必要があります。

このため、マクロン大統領とメルケル首相は離脱の条件について残された時間でEUとしてイギリスと合意することが可能かどうか協議を行いました。

会談に先立ち、メルケル首相は

「イギリスのEU離脱は重大な局面にある」

と述べましたが、合意の見通しについては言及しませんでした。

*Chats

タイトルとURLをコピーしました