パリ警察庁で警察官4人が殺される。犯人はナイフ持った男

NEWS

10/3 現地時間13時頃に事件は起き、その後犯人は警察に射殺されました。目撃者はパニックとなり、多くの人々が涙を流しながら建物から逃げ出していました。近隣のエリアは一時封鎖され、警察と救急車が相当数出動し、パリは騒然としています。

背景

警察への暴力の増加をうけて、警察がフランス全土でストライキを行った翌日に事件が起きたため、検察は、この事件はストライキに関係するのではないかと調べを進めています。
犯人はパリ警察に16年間勤務していた45歳のIT専門家でした。身内による犯行に、パリ警察は動揺を隠せないようです。

*Chats

タイトルとURLをコピーしました