Brexit(ブレクジット)はどうなる。離脱期限迫るイギリス影響調査報告書を開示

NEWS

EU(ヨーロッパ連合)からの離脱の期限である10月31日が迫っています。英政府は合意のないまま離脱した場合、市民生活や経済にどのような影響が出るのか予測した情報を公開しました。

それと同時に英政府は企業や国民の危機意識が低く準備を十分にしていないとし、全て国民に問題の理解と対策を呼びかけている。

下記は英政府が公開した資料の要点

・医薬品の供給が40%に落ち込み、半年間にわたって続くおそれがある。

・生鮮食品の供給にも影響が出て価格が上昇する。

・人の移動の際には入管手続きが増えるため、鉄道の駅や空港、港が混雑する。

今回の案件を担当するゴーブ氏は「確実に起こりうる事象の予測ではなく、想定される中でも最悪のシナリオである」と述べ、混乱をさけるための対策を続けていると説明しています。

ブレクジットの影響予測

・英国が関税同盟を抜けると、EUへの輸出品に関税がかかり、製造業などの企業活動に影響がでる可能性があります。米中のような貿易摩擦が予想される。

・シェンゲン協定に同意していないイギリスに行く際は元々パスポートは必要だった。人の移動に関してはあまり影響を及ぼさないのではないか。

・手切れ金約400億~450億ユーロによる国の財政難

*Chats

タイトルとURLをコピーしました