資金洗浄疑惑のエストニア支店長遺体で発見

マネーロンダリング(資金洗浄)疑惑があったデンマークの大銀行ダンスケバンクのエストニア事業の責任者を務めていたアイバル・レイヒ氏(56)が9月25日、自宅の裏庭で遺体として発見された。

同氏は23日朝に近所の方に目撃された。それを最後に、行方が分からなくなった。

*Chats

タイトルとURLをコピーしました