イングランド対アメリカ「歴史的快挙ワールドカップで完封?!ならず惜しい」#ラグビーワールドカップ

9月26日に行われたラグビーワールドカップ イングランド対アメリカ戦は終始イングランドが試合の主導権を握り圧倒していた。このままイングランドが完封勝利で箔を付けるかと思われたが、ホーンがなり、試合が切れればノーサイドという場面でイングランドはラグビー好きや地元のファンを盛り上げる素晴らしい判断をした。

キックでボールを出せば試合が終わりば完封勝利なのにも関わらずトライを狙って攻め込んだのだ。これにはイングランドサポーターも大盛り上がり。しかしそれで黙っていられるアメリカじゃなかった。攻め込んできたイングランドからターンオーバー(ボールを奪う事)すると果敢にも攻め込み、なんとトライを取り切ったのだ。

奇しくも、イングランドの英断がアメリカのラグビー魂に火をつける事となり完封勝利を逃す結果となった。しかし、そのイングランドの英断を決してラグビー好きが罵ることはないだろう。それがラグビー好きの心意気だから。

勝敗は45-7でイングランドの勝利である。

*Chats

タイトルとURLをコピーしました